【アローン・イン・ザ・ダーク(1992)】

Pocket

【アローン・イン・ザ・ダーク】(1992)

【アローン・イン・ザ・ダーク】は1992年にPC用に発売されたサバイバルホラーゲームで、3Dエンジンが普及していなかった時代に3Dでオブジェクトを製作した初のアドベンチャーゲームと言われています。

とは言っても、3D初期のため、【バーチャファイター】の比ではないレベルでポリゴンむき出しです。もっとも、逆にそれが異質感につながり、気持ち悪いという意見も。

日本では【バイオハザード】シリーズの方が認知度が高いため、あまり知られていませんが3人称視点のアクションアドベンチャーとしても、謎解きにパズル要素を取り入れた作品でもあったりします。

また、即死系のトラップや、手順を間違えると手詰まりが起きるという洋ゲー独特の理不尽極まりない謎解きも特徴の一つ。

ストーリーは、『エドワード・カーンビー』という私立探偵が、古物商の『グロリア・アレン』に依頼され、自殺した芸術家の屋敷へと訪れる。

同じ頃、自殺した芸術家『ジェレミー・ハートウッド』の姪である『エミリー・ハートウッド』も、叔父の自殺に疑問を抱き、屋敷へと向かっていた。

屋敷に着くと、『ジェレミー・ハートウッド』の自殺以来、誰も住んでいないはずにもかかわらず、屋根裏部屋には明かりが灯り、どこからともなくうめき声が聞こえてくる。

古びた屋敷、謎の引き出しのあるピアノ、不思議な伝説、オカルト関係の書物や血みどろの肖像画等、いかにもホラーサスペンスな要素に溢れた空間で起こる怪異の中、『ジェレミー・ハートウッド』自殺の真相や、屋敷に隠された秘密を解明していくというスト-リー。

有名な『クトゥルフ神話』を下地にしているため、ホラー好きにはたまらない世界観になっています。

動画