【サイレントヒル3】

Pocket

【サイレントヒル3】(PS2)

ジェイムズのもとに3年前に病死したはずの妻メアリーからの手紙が届く。

その手紙には、いつかまたふたりで行こうと約束した『サイレントヒル』で待っているとつづられていた。

ジェイムズは自分でも真偽を確かめたいのか、奇跡を信じたいのかわからないまま、『サイレントヒル』を訪れる。

だが、そこは人々の姿などない、異形の怪物たちが徘徊する街になっていた。

【サイレントヒル3】キャラクター

《ヘザー・モリス》
この物語の主人公。やや短気で口の悪い、どこにでもいるような少女。休日の買い物に訪れたショッピングモールで、不意に悪夢のような世界に足を踏み入れることになる。異常な事態に対して、怯えながらも立ち向かう気の強さも持っている。
ちなみに「ヘザー・モリス」という名は、実際には主人公ヘザーの声とモーションを担当した女優の名前であり、本作の日本版には「モリス」というファミリーネームは記載されていない。しかし一部の地域の販売に合わせた変更では、主人公の名前は「ヘザー・モリス」として記載されている。
《ダグラス・カートランド》
初老の私立探偵。とある事情でヘザーを追っていたが、彼女と共に突然悪夢の世界へと迷い込んでしまう。
《クローディア・ウルフ》
異質な世界へと変貌したショッピングモールの中で、ヘザーが出会う謎の女性。度々ヘザーの前に現れ、含みのある言葉を残していく。
《ヴィンセント・スミス》
雑居ビルの裏世界で会う男性。ヘザーに様々なアドバイスをするが、真意は謎に包まれている。
《ハリー・メイソン》
『サイレントヒル1』の主人公。ヘザーの義理の父親であり、ヘザーから愛されている。
《レナード・ウルフ》
クローディアの父親。宗教的思想の相違からクローディアに敵愾心を抱いており、そのため病院に隔離されている。